税金

「借金で税金関係?」が払えない。「滞納した、ライフライン」を徹底解説!

話す

 

お金がなくて税金関係がまったく払えないなんてことはありませんか?もしくは、借金の返済で税金に充てる余裕がないなど

今回は、こんなお悩みを解決します。

 

うめさん

税金を納めてないとどうなるの?

お金がなくて税金が払いない場合は?

税金を払ってないと差し押さえされる?

 

本記事では、税金が払えない場合はどのように対策するのかを解説していきます。

そもそも、なぜ税金を納める必要があるのか。

それは、「国民が健康で豊かな生活を実現するため」に税金というものがあります。

簡単にいってしまえば、「会費」ですね。

 

ポイント

会費を払うことによって国民が豊かになるというわけです。ですが、国民全ての人が払えている訳ではありません。給料が少なく税金に充てる余裕がない方や、借金で全く税金が払えない人たちも大勢います。

結論からいってしまうと、自身が住んでいる役所に問い合わせすれば、分納や免除手続きもあるので相談するのが1番の解決策になるでしょう。

 

それでは、「払えなかった場合はどうなるか」をこれから深掘りして解説していきます。

 

税金が払えない場合はどうなる?

税金が未納のままだと、滞納者に対して行政処分が行われます。

具体的な行政処分の流れは以下のこちら

簡単な流れ

  • 督促
  • 財産の差し押さえ
  • 差押財産の換価
  • 差押財産の換価金

 

行政処分の流れの後に配当されるという仕組みになっています。

税金の未納・滞納が続くと滞納税がかかってくるので注意が必要です。

お金がなくて税金が払えない場合は?

税金を分納する方法を使いましょう。

各市町村に問い合わせて分割払いができるか相談するところから始めてみましょう。

督促が来た時に、封筒内に各市町村の役所に連絡して下さいと書いてあるので連絡してみましょう。

借金についての記事はこちら

税金を払っていないと差し押さえされる?

 

万が一、税金が払えなくなった場合は差し押さえは本当に来るのでしょうか?

 

法律的には、5年間滞納すると「税金が時効」となりますが、それを見過ごす自治体ではなく、役所から通達が来るでしょう。

時効になるからといって払わないという考えはやめなければなりません。

 

税金が払えなかった場合どのような流れで差し押さえになるかを以下をどうぞ。

 

チェックリスト

  • 督促状が届く
  • 催告状が届く
  • 差し押さえが実行される

 

 

税金が払えない場合の対処法

 

どうしても税金が払えない場合は、まずは自治体の役所に相談してみましょう。

 

払えないからといって放置してはいけません。

 

時間が経過していくにつれて手続きも難しくなってくるので取り返しのつかないことになってしまいます。

まとめ

 

お金がない場合など、借金で税金に回すお金がない場合必ず、自治体の役所に必ず相談しましょう。

無理に、延滞を引き伸ばしにすると収集できない事態になるので、分納などを使って有効に支払える環境を整えましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuunosaihu

「債務整理をするか悩んでいる」「債務整理して実際に生活がどうなるか」をテーマに情報発信しています。 [経歴]栃木県の調理師→Webライティングを学ぶ→2021年8月にブログを開設 「借金に悩んでいる人が少しでも楽になれる日」を目指してます。

-税金