仮想通貨

仮想通貨リスク(LSK)とは?特徴や今後の将来性など、買い方まで徹底解説

ビットコイン・仮想通過

うめさん

これから仮想通貨を始めたい

リスクとは?

リスク(LSK)の特徴は?

仮想通貨のリスク(LSK)ってどんなメリット・デメリットがあるの?

今後の将来性や買い方は?

 

というお悩みを持っていませんか?

 

本記事では、仮想通貨リスクの特徴・メリットデメリットなど、今後の将来性から買い方まで徹底解説していきます。

[仮想通貨]暗号資産って儲かるってほんと?今さら聞けない仮想通貨の3つの仕組み

リスク(LSK)とは、2016年に新たに誕生した仮想通貨です。

正確には、分散型アプリケーション作成のためのプラットフォーム名がLISKで、仮想通貨はリスク(LSK)と呼ばれています。

今現在でもリスク(LSK)のプロジェクトは進行中で世界中の開発者が集まっています。

2016年に新たに誕生し大きな価格を上げたリスク(LSK)ですが、現在は停滞しており、今後の上昇幅が大きくなることが予想されているので、参考に投資を検討してみてもいいでしょう。

リスク(LSK)とは

ビットコイン・仮想通過

 

リスク(LSK)とは、Max Kordek 氏(マックス・コルデック)と Oliver Beddows 氏(オリバー・ベトウズ)が開発した分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームです。

 

分散型アプリケーションとは

ブログ

 

ブロックチェーン技術を利用した次世代のアプリケーションのこと。

 

仮想通貨リスク(LSK)の特徴

お金r

 

リスクのそれぞれの特徴は次の通りです。

チェックリスト

  • 独自の承認システムDPoS採用
  • JavaScriptを採用した仮想通貨
  • 発行上限が決まっていない
  • サイドチェーンでスマートコントラストの採用

 

それでは、リスクの特徴を順に解説します。

 

独自の承認システムDPoS採用

お金

 

DPosとは、リスク(保有者)の保有量に応じて、投票権が与えられ、承認者を決めるシステムです。

承認者は取引手数料と新規発行のリスク(LSK)を報酬として取得できる仕組みです。

 

JavaScriptを採用した仮想通貨

読書

JavaScriptとはプログラミング言語のひとつで、多くのプログラマーや開発者が作れる環境のことです。

エンジニアが増えれば、優秀な開発者の知識を活かした開発が可能になります。

発行上限が決まっていない

ビットコイン・仮想通過

 

ビットコインの場合は発行上限が決められており、2100枚までとなっています。

ですが、リスク(LSK)だと発行上限が決められていないので、円やドルの流通量が増えるとインフレを起こしてしまう可能性があるでしょう。

現在、リスク(LSK)は完全に停止された訳ではないので今後のどのように対処するのか注目されています。

 

サイドチェーンでスマートコントラストの採用

サイドチェーンはブロックチェーンの技術の一つでメインチェーンに接続して機能を広げることができることです。

リスク分散効果もありセキュリティ面ではかなり優秀です。

仮想通貨のリスク(LSK)メリット・デメリット

メリット

・将来性

・ステーキングサービス

将来性

リスクを保有することにより将来性が生まれます。

なぜなら、発展途上のプラットフォームで、今後の成長次第で伸びしろに期待されているからである。

ステーキングサービス

ステーキングサービスとは、対象の暗号資産を保有しているだけで報酬が得られるシステムのことです。

暗号資産を保有しているだけで、報酬が得られることができるので、価格の安定性さえあれば投資対象になります。

デメリット

 

ビットコイン・仮想通過

 

リスクが発展途上

リスクは発展途上なので、必ずしも値上がりするとは限らない。

リスクの今後の将来性

今後リスクを購入する上で、将来性があるか不安になるかと思いますが、3つの観点から予測することが可能です。

  • 開発プロジェクトの進行・多くのプログラマーが開発に携われる。

  • 非中央集権仮想通貨なので、イーサリアムやポルカドットなどが競合仮想通貨となる
  • リスクSDK完全版のリリース2021年中に発表予定されている。

 

 

リスクは有名なスクリプト言語、JavaScript

ビットコイン・仮想通過

 

JavaScriptは、多くの開発者が使える基本的な言語であるため、開発を進めようと考える人も増えていくでしょう。

 

多くのプログラマーが開発に関われば仮想通貨としても発展していくことが見込めるので、将来性が期待されています。

 

非中央集権仮想通貨なので、イーサリアムやポルカドットなどが競合仮想通貨となるスマートコントラクトはリスクに該当します。

 

分散型プラットフォームを活用したイーサリアムですが、大きな競合仮想通貨となることでしょう。

リスクSDK完全版のリリース2021年中に発表予定されている。

SDKとは、開発者向けの開発環境や資料セットのことです。

簡略してしまえば、開発者向けの教材とイメージです。

完全版がリリースされることによって開発者の増加やプロジェクトの手助けが可能になります。

仮想通貨リスクの購入方法・買い方

リスクの購入は至ってシンプルです。

国内でリスクを購入できるのは、次の3社です。

コインチェック

bitFlyer

GMOコイン

本記事では、コインチェックの購入方法を解説していきます。

簡単な流れ

  • コインチェックの新規口座開設
  • コインチェックに日本円を入金
  • コインチェックで仮想通貨(リスク)を購入

 

上記、3つの手順で購入完了です。

リスク(LSK)の今後の将来性や特徴のまとめ

まだ、発展途上のリスク(LSK)ですが、これからの伸びる可能性を秘めた仮想通貨ですね。

国内であれば、手軽に購入が可能なので、今後仮想通貨に、興味がある方は少額からスタートしてもいいかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuunosaihu

「債務整理をするか悩んでいる」「債務整理して実際に生活がどうなるか」をテーマに情報発信しています。 [経歴]栃木県の調理師→Webライティングを学ぶ→2021年8月にブログを開設 「借金に悩んでいる人が少しでも楽になれる日」を目指してます。

-仮想通貨