任意整理

[債務整理]任意整理後のブラックリストは影響が少ない理由!(信用情報)

クレジットカード

 

ユウ

みなさんこんにちは!
ゆうです。

 

債務整理後は「ブラックリスト」に記載されてしまうと思っていて、なかなか借金の減額に戸惑う方もいらっしゃるかと思います。

ですが、ブラックリストに記載されてもさほど問題はありません。

 

 

今では、クレジットカードに似たような機能をもつ「デビットカード」や普段、車で高速道路を利用するときに使う「ETCカード」もクレジットカードを発行しなくても作れるようになっています。

 

今回は、こんな悩みを解決します。

 

そもそもブラックリストってなに?

ブラックリストに記載されたらどうなるの?

普段クレジットカードを利用しているから使えなくなるのは困る

クレジットカードの代替え品はあるの?

うめさん

などなど…

 

ユウ
実際に僕自身も「バンドルカード」という支払い決済サービス対応のデビットカードを利用しています。Web決済からクレジットカードの支払いが対応なサイトでも利用できますよ。

なので、任意整理をしても今までの生活と何にも変わることなく生活ができています。

 

本記事では、「ブラックリストに記載されてもそこまで影響が少ない理由」を解説していきます。

借金を今すぐに解決したい方は相談することで解決できますよ。

[2022年版]借金問題解決ランキングTOP5を発表!(電話調査済み)の記事はこちらから

 

ブラックリストとはなにか?

債務整理 稼ぐ 副業

 

そもそも「ブラックリスト」というリストは存在しません。ではなぜ、ブラックリストと名付けられているのか…

 

例えば、あなた自身が「新規ローン」や「新規クレジットカードの発行」をする際にあなた自身の情報が登録されます。
つまり、顧客情報が登録される場所が「信用情報機関」です。

 

一定期間支払いを滞納したり、金融事故(債務整理)などの手続きを行ったときに「事故情報」「ブラック情報」として登録されてしまいます。それが「ブラックリスト」と呼ばれている由縁です。

 

[2022年版]借金問題解決ランキングTOP5を発表!(電話調査済み)の記事はこちらから

 

ブラックリストに記載されるとどうなるか

自己破産 流れ

 

結論ならお伝えすると、約5年間は「新規クレジットカードの発行」「新規ローン」が組めなくなります。信用情報機関に、あなたにはお金を貸せませんという情報が記載されてしまい新たに借入ができなくなってしまいます。

ですが、自社審査している債権会社もあるので一概に審査が通らないというわけではありません。

信用情報とは

 

信用情報とは、信用情報機関に登録された個人の情報に関する客観的な取引事実のことです。

個人情報といっても、氏名・年齢・生年月日やクレジットカードの申し込み・契約内容の返済・支払い状況・借入残高などで構成されています。

 

新たにクレジットカードの発行や新規ローンの審査をする際はクレジット会社やローン会社に個人情報を照らし合わせ、申込者の「信用力」を見られることになります。

 

信用情報機関は3つの組織でできている

 

日本では信用情報機関が3つ設けられています。

 

 

信用情報機関は消費者をチェックする役割を思っている機関で、無限にクレジットカードを作ることや収入に見合った借金ができるなど、消費者が多重債務にならないように未然に防ぐことができます。

 

ただ、消費者金融などは審査が甘いので注意が必要です。
ご自分の返済状況が厳しいのにさらに借金を増やしてしまう可能性もあるので消費者金融は使わない方がいいでしょう。

債務の状況を開示する方法

エース

 

信用情報機関の開示の方法はそれぞれの機関で異なりますが主にインターネットで解決できます。
他の開示方法はこちら↓

開示する方法

  • インターネットによる開示
  • 郵送による開示
  • 窓口による開示

 

ユウ

なお上記の方法で開示する際に手数料が1000円ほどかかるので注意してくださいね!

 

開示請求を行うことで「どこから借り入れがあるのか」「返済状況や支払い状況はどのようになっているか」など自分の信用情報を確認することができます。返済に厳しく家計簿をつけたい方は開示請求をすることによって「債務の状況」がわかるので記録しやすくなりますね。

 

[借金早期返済法]明日からできる!「早期借金返済」のコツ「5選」を解説!

 

クレジットカードの代替え品

 

クレジットカードの代替え品は「デビットカード」や「プリペイドカード」です。

 

クレジットカードが使えなくなっても「デビットカード」や「プリペイドカード」を作っておくことによって機能的には全く問題のないカードが使えます。

 

デビットカードとは

 

デビットカードとは支払いと同時にご自分の口座からお金が引き落とされるカードです。

これによりご自分の口座の中のお金しか使えないので使いすぎてしまうことを未然に防いでくれるので使いすぎ防止をしたい方はおススメです。

 

プリペイドカードとは

 

プリペイドカードとはそれぞれの加盟店で支払いができるカードのことです。

実際にぼくが使っているカードは「バンドルカード」になります。

バンドルカードは「デビットカード」と相応性がありほとんど機能は変わりませんが、どうしてもお金が必要な場合に制限付きで貸し付けを行ってくれます。

バンドルカード

 

ちなみにポチッとチャージが制限付きの貸し付け機能になりますね。

 

クレジット機能なしのETCカード

 

クレジット機能が付いてないETCカードは「ブラックリスト」に記載されている方でも簡単に発行することができます。

 

仕事でどうしても高速道路を使う…
家族と出かける時にETCを使わないと割引が効かない…

など…

 

上記の場合でも簡単に作れるので必要な方は是非ご活用してみてくださいね。

 

まとめ:ブラックリストはそこまで影響がない

 

ブラックリストに載ってもそこまで影響がないことがわかりましたね。

 

最後に2つのポイントを押さえておきましょう。

・クレジットカードの代替え品はある
・金融事故があっても返済完了から約5年経てば新たに借入ができる

 

借金で悩んでいるなら一度相談してみましょう。
ご自分の返済状況が変わる可能性があるので「相談」は必須です。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuunosaihu

「債務整理をするか悩んでいる」「債務整理して実際に生活がどうなるか」をテーマに情報発信しています。 [経歴]栃木県の調理師→Webライティングを学ぶ→2021年8月にブログを開設 「借金に悩んでいる人が少しでも楽になれる日」を目指してます。

-任意整理