債務整理

[借金早期返済法]明日からできる!「早期借金返済」のコツ「5選」を解説!

落ち込み

うめさん

借金を早く返したい

なんとかして早く返せる方法はないの?

借金返済のコツが知りたい

具体的にどのように早期返済できるか

 

本記事では、[明日から試せる早期返済の5つのコツ]について解説していきます。

 

借金をして毎月返済に追われる毎日をすぐに終了させる為には、まずは自分自身で日々の行動を見直すべき必要があるでしょう。そのためには、一体何をすれば借金を早期返済できるかを解説します。

先に結論をいってしまえば

借金返済のコツは、必要な情報を集めて計画的に返済目標を立てる

いくら借りて返しているかを把握する

早期返済をするなら、固定費の削減・支払いの増加・おまとめローンなどを検討する

自力で返済が難しい場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談する

借金問題は、放置しておくと返済額が増え続けてしまいます。早めに弁護士や司法書士に相談して借金問題を解決することをご検討下さい。

ユウ

 

明日からできるので、みなさんも実践して結果を出すように頑張りましょう!

 

いくら借りていて・いくら返済しているか調べる

 

計画的に借金を返済していくにあたり、まずはどこから借入しているのかを調べる必要があります。

具体的に、カードローンや住宅ローンなどの全ての借り入れを確認しましょう。

 

借金返済ために調べること

 

チェックリスト

  • どこから借入しているか
  • 借入金額の利息はいくらか
  • 現時点でどれくらい借金をしている
  • 毎月いくら返済しているのか

 

借金をしている方の大半は、自分がどこの会社で取引しているのかを忘れがちです。

 

特に、借入金額の利息でしょう。このぐらい借りてるからこの金額を返せば大丈夫と思っていても元金はなかなか減らず、利息だけ多く払っていることがほとんどです。

 

なので、返済期間が長い場合は、利息の額が思いのほか多くなっている可能性があります。

 

借入先の確認

ご自分で借入している金額がわからないのであれば、借入先の金融機関に問い合わせてみましょう。

 

それぞれ、Webサイトの「会員ページ」で支払い状況の確認ができるのでご活用してみて下さい。万が一、借入先の金額がわからないのであれば、「信用情報機関」に問い合わせて確認することもできます。

 

信用情報機関を利用する際に手数料がかかるのでご自身で調べると無駄な出費が出ないでしょう。

 

いくら返済していくかを具体的に考える

 

借入の現状が確認できたら、次に返済プランを練っていきましょう。

毎月いくら返済できるか

 

毎月の収入から、最低限の生活費を除き、返済に当てられるかを計算します。

抑えられる固定費はないか

 

返済に充てる金額を少しでも多くするために、携帯会社のプラン変更、保険料の見直しなど、毎月一定の金額を払っている固定費を見直しましょう。

メモ

保険料

携帯会社のプラン

サブスクリプション利用代金

 

早期返済のコツは生活の見直しと利息

 

借金返済の負担を減らすためには、生活の見直しと利息の減額が必要不可欠です。

その為には、何をしたらいいのかを具体的に解説していきます。

生活の見直し

携帯会社のプラン変更

携帯会社のキャリア変更

固定費をなるべく抑える

 

利息の減額

毎月の支払いを多くする

金利の高い金融業者から返済する

繰り上げ返済や一括返済を利用する

おまとめローンでローンの一本化を試みる

 

生活の見直し編

携帯会社のプラン変更やキャリア変更は重要です。

例えば、docomo回線をご利用の場合とYahooモバイルの契約をしているのでは、金額が大幅に変わります。

キャリア変更やプラン変更をするだけで毎月10,000円以上手元に残る事があれば必ず実行したほうがいいでしょう。

その分、借金返済に充てることもできるので早期返済につながります。

あまり使ってない携帯サービスやサブスクリプションサービスがあれば、思い切って解約することも検討しましょう。

利息の減額編

返済額の増加

毎月の返済額の増加により、元金が減るペースが早まるので、返済期間を短縮できます。

その結果、利息の減額につながるというわけです。

金利が高いところから返済

消費者金融やクレジットカードの金利は高い傾向にあります。

そのため、金利が高いと利息額が膨らみやすく、返済も長期化し、総返済額は予想以上に膨れ上がってしまいます。なので、金利の高いところから優先的に借金を返済していくことが重要になのです。

結果的には、利息の総額を抑えてられます。

繰り上げ返済や一括返済を利用する

繰り上げ返済とは、毎月の支払いとは別に追加で借金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすることにより、利息の負担が軽減できます。

状況的に厳しいと思われますが、一括返済も利息の軽減ができます。

そのため、一括で借金を返済すれば、利息も発生しないのでより元金に近い返済ができるでしょう。

おまとめローンで一本化

複数の金融機関からお金を借りていると、借金の管理がわからなくなるケースがあります。

一本化にすることにより、借金の管理がしやすくなり、金利の負担が軽くなる可能性があります。

 

早期返済の生活における注意

返済するにあたり注意点があり1つずつ解説していきます。以下の項目をご覧ください。

チェックリスト

  • クレジットカードの利用は最小限まで
  • 家計簿でお金を管理
  • リボ払いの利用を避ける

クレジットカードの利用

 

クレジットカードの利用を最小限にとどめることで、毎月の支払いが格段に減ります。

 

家計簿でお金を管理

 

ざっと計算するだけでもいいので、毎月の収入と出費を記録することにより、浪費を見つけやすくなります。

 

リボ払いの利用を避ける

 

クレジットカードのリボ払いを利用することにより、利息が膨れ上がる可能性があるので注意しましょう。カードを使うなら、一括か分割払いを利用することで余計な金利を発生させることがないです。

 

ただし、分割払いも返済回数が多いとリボ払いと金利が変わらなくなるので注意しましょう。

 

借金がどうにもならなかった場合は、債務整理を検討しましょう。

債務整理とは、「任意整理」「個人再生」「自己破産」とそれぞれ手続きが分かれており、ご自身に合った整理のやり方があります。

任意整理の記事はこちら

個人再生の記事はこちら

自己破産の記事はこちら

最終手段 法律事務所に相談しましょう!

借金が返済できなくなった場合の最終手段は法律事務所にまずは、相談することをオススメします。

相談することにより以下のメリットがあります。

相談するメリット

最短即日で取り立てや催促が止められる

自身に最適な債務整理を提案してくれる

減額できる金額を計算してくれる

過払金が見つかる可能性がある

返済期間を一緒に考えてくれる

まとめ

ユウ

借金返済のコツは、必要な情報を集めて計画的に返済目標を立てる

いくら借りて返しているかを把握する

早期返済をするなら、固定費の削減・支払いの増加・おまとめローンなどを検討する

自力で返済が難しい場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談する

借金問題は、放置しておくと返済額が増え続けてしまいます。早めに弁護士や司法書士に相談して借金問題を解決することをご検討下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuunosaihu

「債務整理をするか悩んでいる」「債務整理して実際に生活がどうなるか」をテーマに情報発信しています。 [経歴]栃木県の調理師→Webライティングを学ぶ→2021年8月にブログを開設 「借金に悩んでいる人が少しでも楽になれる日」を目指してます。

-債務整理