債務整理

「借金救済制度」とは?「借金が時効にできる」!?その裏側を徹底解説!

r-su

ユウ

借金が膨らみすぎて大変だ

借金救済制度って聞いたことあるけど具体的にどのようなこと?

借金救済制度で本当に楽になるの?詐欺者ないの?

借金が時効になるってどういうこと?詳しく教えて!

 

結論からいいますと借金救済制度とは、借金が膨らみ返済が厳しい方への救済処置になります。言葉を変えると債務整理と呼びます。

合法的なので、怪しくはないです。

 

そこで、本記事では「借金の返済で悩む方に国が認めた借金救済制度」の解説をしていきます。

それではいってみましよう!

 

借金救済制度の種類

借金救済制度には3つあり、それぞれ「任意整理」「個人再生」「自己破産」と手続きがあります。

ここで、3つの救済制度の特徴比較表を作ってみました。以下を参考にどうぞ。

任意整理

・元金はそのままですが、将来発生する利息をカットすることにより借金の総額を減らす。

・3年から5年間かけて分割で支払っていく

個人再生

・裁判所に申し立てをし、借金を5分の1(最大10分の1)まで大幅に圧縮減額する。

・車や住宅を手放さずに済む

自己破産

・裁判所に申し立てをし住宅や自動車などの財産を全て失う代わりに借金がゼロにする。

任意整理の記事はこちら
個人再生の記事はこちら
自己破産の記事はこちら

続いては、救済制度のメリットデメリットを比較していきましょう。以下の表をどうぞ。

 

債務整理の種類 メリット デメリット
任意整理

・将来発生する利息カット

・毎月の返済が減額

・最短即日で催促の電話がなくなる

・ブラックリストに記載される

・保証人に影響が出る

個人再生

・借金が大幅に減額させる

・財産を手放す必要なし

・手続きが難しい

・手続き自体に費用がかかる

・官報に記載される

・保証人に影響が出る

・ブラックリストに記載される

自己破産

・借金全てをゼロにする

・財産は全て失うことはない

・手続き完了後の財産は回収されない

・無職や生活保護でも申請できる

・生活を立て直せる

・ブラックリストに記載される

・価値のある財産は処分される

・職業や資格に制限がかかる

・官報に登録される

・住居制限がかかる

・郵送物が制限される

 

このように、救済制度を行うことによって明日から希望が持てるようになるといっても良いでしょう

 

ですが、それぞれデメリットがありそのため今まで通りの生活に戻るのは難しいといえます。しかし、クレジットカードの利用で生活が困難になった場合などは、カードによる依存がなくなります。

 

まずは、借金に悩むなら法律事務所に相談するのがオススメです。ほとんどの、法律事務所では「相談無料」なので、救済制度をご検討の方は連絡するのが1番です。

 

ユウ

ちなみに僕も救済制度を利用しました!

おかげさまで、毎月の支払い額が37,000円に減額できましたよ!

 

救済制度を利用した後はどのように生活を送ればいいのか教えてちょうだい。
うめさん

 

ユウ

かしこまりました。

それでは、救済制度を利用した後の生活について解説していきます!

救済制度(債務整理)後の生活について

 

救済制度(債務整理)を行うとその後の生活にどのように影響が出てくるのでしょう。

 

ブラックリストに記載

 

どの救済制度(債務整理)を行ってもブラックリストに記載されてしまいます。

そのため、普段クレジットカードを利用しているかたは、現金払いかデビットカード払いに変更する必要があります。

ブラックリストに記載されてしまうと、登録期間中は5年間は新たにカード発行やローンが組めなくなります。

 

注意

同様に契約者が家族カードを発行していた場合でも利用できなくなるので注意が必要です。

 

救済制度(債務整理)後の住宅・車への影響

 

任意整理や個人再生の場合は、財産に対する影響はありませんが、自己破産の場合は住宅や車にも影響してきます。

生活上、車が必要不可欠な場合は特例として裁判所から認められるケースもあるので検討してみてもいいかもしれません。

 

ユウ
僕自身は、仕事にいくのに車が必要なのとそこまで借金がないので任意整理を選びました!

 

話が変わるけど、借金って時効があるって聞いたけど本当?
うめさん

 

ユウ

はい!いい質問ですね。

借金が時効になるかをこれから解説していきますね!

借金の時効!?何年なのか

 

消滅時効とは、一定期間権利を行使しないという事実を尊重し、その権利を消滅させることです。

本来、返済すべき借金があっても一定期間返さないという状態が継続することによって、借金の消滅が認められます。

 

借金の時効期間

時効期間は、友人など家族などの借金は10年、銀行や消費者金融の場合は5年とされています。

ただ、借金の時効は成立にとても難しいのであまりおすすめはできません。

 

借金に悩むならまずは法律事務所に相談

法律事務所は、あなたの悩みを解決する場所です。

毎月の支払いで悩みを抱えるのはあなただけではありません。誰にも相談できない状況で不安になることもあると思いますですが、自分1人で考えていても何も解決しません。

まずは、法律事務所に相談することをオススメします。

ユウ

僕自身が借金で悩み苦しみ、毎日ストレスを感じていました。

最終的に、借金を作り出したのは自分自身ですが、それでも頭を抱えることは、多々ありました。

その時、そんな悩みから解放されたのが救済制度(債務整理)でした。

僕みたいに苦しい思いをする人がいなくなることを願っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuunosaihu

「債務整理をするか悩んでいる」「債務整理して実際に生活がどうなるか」をテーマに情報発信しています。 [経歴]栃木県の調理師→Webライティングを学ぶ→2021年8月にブログを開設 「借金に悩んでいる人が少しでも楽になれる日」を目指してます。

-債務整理